帰ったら絶対にさっきまで寝てたであろう猫が出迎えてくれましたw【もちまる日記】